抜け毛予防にはデルメッドヘアエッセンスを試してみたい

女性の抜け毛と薄毛の原因で多いのが頭皮の血行不良、ホルモンバランスの乱れでどうしても加齢によって女性ホルモンが減少することでホルモンバランスは乱れてしまいます。さらに体力が落ちて運動不足に拍車がかかることで血行も悪くなってしまう訳です。

私の場合は30代の半ばくらいから抜け毛が増えてきて分け目の部分が気になるようになってきました。あと髪の毛の一本一本が以前より細くなってきたように思い何か対策をしないとと思って試してみたのがデルメッドヘアエッセンスです。女性向けの商品で30代女性のオススメとサイトで紹介してあったのとあとコスパがいいので試しやすかったという理由もあります。

2016-09-22_125928
プランテルの効果・口コミ

女性特有の薄毛の悩みを改善することが出来る育毛剤ということで、実際に使用してみたら無色透明の水みたいなテクスチャーで香りちょっと柑橘系っぽい感じです。頭皮に直接つけるタイプなので気になる分け目とかピンスポットで塗りやすいのが特長と言えます。

なんでも注目の育毛成分であるCTがP配合されていて抜け毛の予防に効果があると言われています。初回購入50%OFFの2160円で送料は無料。単品購入でこの値段で大体1本で2ヶ月近く使えるので最初の月は1000円程、翌月から定価でも1ヶ月当たりだと2000円程となります。半年程使ってみて少し抜け毛が減ったように思います。あと前より髪の毛も太くなったと本人的には判断してます。

抜け毛が気になるお年頃

2016-09-16_153910

私は20代後半の女性ですが、抜け毛がひどいんです。

実はこの抜け毛も今に始まった事ではなく、20代前半の時から既に症状が出ていました。歳を重ねてからの抜け毛なら納得も行くんですが、この歳で抜け毛が多いというのは、思いのほか辛いものがあります。これまでも、抜け毛のせいで恥ずかしい想いもしましたし、諦めた事もありました。

旅行に行ったときは、私の布団の上の大量の抜け毛を見た友人にドン引きされましたし、職場で沢山の髪の毛が床に落ちていて、犯人探しが始まった時には、どうしようかと肝を冷やしました。抜け毛を気にして、髪を結んでないと落ち着かなくなりました。いくら首回りが熱くても、ショートカットなんて怖くてできません。このように、抜け毛が原因の嫌な思い出なんてごまんとあります。

今までは何とか、自分なりの対策をして、ごまかしごまかし生きてきたのですが、それもそろそろ限界だと感じ始めています。そこで、若い女性なのに、抜け毛がなぜ起こるのかについて調べてみる事にしました。

調べてみると、意外な原因を知ることができました。それは、女性の抜け毛は、ホルモンバランスの崩れが原因となっている事が多いという事です。もちろん、一般的に言われるような、生活の乱れや、睡眠不足、間違った頭皮ケアなども原因としては挙げられますが、そんなものはとっくの昔に知っており、対策もとっています。
しかし、ホルモンバランスの崩れが原因であるということは知りませんでした。だから、閉経後の女性や、産後の女性に髪の悩みを持っている人が多いんだということにも納得がいきました。

そして私にも、思い当たる節がありました。例えば仕事で上手くいかない時は、とても肌が荒れてしまいます。それと同時に、髪の抜ける量が増えていた記憶があります。これはストレスによるホルモンバランスの崩れだと考えられます。また、体調が悪い時や、旅行中に疲れたと感じる時は、抜け毛が多いといつも感じます。睡眠の質が悪かったり睡眠不足により、上手く疲れが取れず、身体の機能が低下し、抜け毛につながる事があるのだそうです。

このように、原因が分かってしまえば、思い当たることはいくつもあります。私自身ではどうにもならない事もありますが、ストレスを溜め過ぎないようにし、きちんと規則正しい生活で、疲れを溜めない事を心がけて、これからは抜け毛対策に励みたいと思います。

髪の痛まないヘアカラー「カラーバター」って?

若者には定着したヘアカラーですが、髪を染めるととても髪が傷みます。美容院でカラーをすると決してお安くはありません。また髪を染めてしばらくすると根元から地毛が生えてカラーした所と色が変わってしまいます。そのため一定の頻度で行かなくてはなりません。また自宅で染める方は市販のカラー剤をお使いになると思います。市販のカラー剤は特に髪が傷み、さらにブリーチをするともう髪はギシギシです。市販のカラー剤には殆どの色味もすでにブリーチが入っているため、髪が傷みやすいのです。

ですが髪を染めたい、と思う方は多いです。私はカラーをする時「カラーバター」を使っています。カラーバターはカラーバター販売店やインターネットで購入できます。このヘアカラーは髪が痛まないのが特徴です。自宅で手軽にできるのでおすすめです。

2016-08-06_154257

使い方は簡単です。まず髪をシャンプーして清潔にします。そしてビニール手袋をした手でカラーバターを手に取ります。その状態、もしくはリンスと混ぜて髪に塗っていきます。あとは20分くらい放置して、洗い流せば終わりです。これだけで自分のすきな髪色になるのでとっても嬉しいアイテムです!

カラーバターは色がとても豊富にあるので、普段使わない色味を試したい方にもおすすめです。鮮やかなグリーンやブルーなどもあります。カラーバターは混ぜ合せて使うことができるので、自分で色を作ることができますよ。ブラウン×ピンクなどは光に当たると、髪がピンク色に映えるので明るい印象になります。またカラーバターは必ず退色するので2週間だけカラーを楽しみたい方にも丁度いいと思います。

カラーを繰り返して髪が傷んでいる方にはとても嬉しいアイテムです。ちょっとした気分転換で髪色を変えたい方もぜひトライしてみて下さい。

若いのに抜け毛が非常に多くて怖くなった

2016-08-06_154021

私の髪の悩みは、特に抜け毛が多いことです。ちょっと髪をいじっただけでもボロボロ抜けますし、シャンプーやコンディショナーをしているとゴッソリ束で抜けることがあります。頭皮の優しいマッサージは毎日行っているし、バージンヘアなので化学的なダメージは受けていない筈です。それにも関わらず怖いくらい毛が抜けるのが嫌で堪りません。

3日おきくらいに排水口の掃除をするのですが、蓋を開けると抜け毛が毛糸玉のようにぐるぐると束になってそこにあるのです。しっかり定期的に掃除している筈なのに、これだけ抜けるのはおかしいと思いました。髪が長いせいで抜け毛が多く見えるのかと考えたこともありました。しかし一度厳密に抜け毛の本数を数えてみたところ、数十本は一度の洗髪で抜けていました。また、毎日のスタイリングでもセットが終わる頃には洗面所の床に毛が沢山落ちている状態です。

自分は毛が多いほうだとずっと思っていましたが、20代になってから10代の時より減ったかなと感じるようになることがありました。20代でこれだけ抜けるなら、もっと歳を取ったらどうなるのでしょうか。白髪か薄毛どちらがマシかと言われたら、白髪の方がまだいいでしょう。今は抜けた分だけ生え変わっていると思うようにしていますが、毛が抜けるのを見るたびに心が傷んできます。

頭皮の血行にも気をつけているし、シャンプーもサロン用のものを使っています。抜け毛の原因がわからない以上、これ以上対策の取りようがありません。なので抜け毛があっても指をくわえて見ていることしかできないのが現状です。

自分に似合うヘアスタイルはスタイリストさん次第

私は昔からロングヘアに憧れて、何度も髪を伸ばして綺麗なロングにしようとしていました。しかしいくら髪の毛を伸ばしても、鏡の前に映るロングヘアの自分の姿はなぜかしっくりきません。

女優やアイドル、可愛いなと思う友達のサラサラロングヘアや、ロングの巻髪がとても綺麗に映り、まぶしかったです。縮毛矯正をあてたり、カラーをしたり、エクステをつけたりと、いろいろ試行錯誤しましたが、やはり自分にはロングヘアが似合わないようです。

なぜかというと、私は低身長(150センチ)で、さらに頭が大き目なので(恥ずかしい)おそらくバランスが合わないのかと思います。なので、オシャレをするときはあまり髪の毛をおろすことがなく、いつもお団子やポニーテールなどでした。おろした髪型に自信が持てなかったからです。

そんなとき、いつも通っていた美容室のスタイリストさんが退職することになり、この機会に新しい美容院にいくことにしました。ホットペッパーの新規の割引クーポンでたまたま見つけたお店。そこで初めて私の担当してくれたのは、男性のスタイリストさんでした。

2016-07-17_094905

正直、今まで女性の方にしか切ってもらったことがないので、少し嫌でしたが、話してみるとすごくフレンドリーな方でした。初対面とは思えない親しみやすさで、なんでも言いやすかったです。

話の流れで、ロングヘアが自分には似合わない悩みを相談しました。するとその美容師さんは、わたしに似合いそうなヘアスタイルをアドバイスしてくれたのです。

「背が低い子は肩までくらいのミディアムボブにすると、背の低さも目立たなくなるし、可愛いよ。」と。

私は言われるがままに、なんとなくそのスタイルで流れでお願いすることにしてみました。すると、仕上がりは最高!!本当にかわいいし、体とのバランスがいいというか、もうこのまま髪おろして遊びに行きたいくらいでした。

以来私は数年このミディアムボブのスタイルを貫いてます。自分が好きなヘアスタイルより、自分に似合うスタイリストさんを見つけるのは大切なことなんだなと痛感しました(笑)

憧れのストレートヘアを夢見て

2016-07-12_120455

小さい時、私の髪型はクルクルの天然パーマでした。幼い時は、きっとそれも可愛く見えるんでしょう。私自身も、悩みだしたのは小学校高学年になった頃からだと思います。だから、小学校の時の写真はいつも、くせっ毛のショート。男の子みたいでした。それでもまだ小学生なんとか我慢できたのでしょうね。写真の私は笑顔です。

中学生になったのを気に、憧れのストレートパーマをかけました。でも、今のストレートパーマと違って、直毛!かへたな美容院ではかかっているのかわからないような感じ。でもその微妙な変化も中学生の私にとっては嬉しい変化でした。でも、ヤッパリ伸ばしてみたものの時間がたてば広がるうねるで、中学生の私の写真はいつもポニーテールです。
高校に入ってからは、少し値段の高い美容院に行けるようになり、おろすコトも多くなりましたが、前髪をどんなにちゃんとセットしていっても駅に着いた時には前髪がうねってしまっていて、電車の中で今日一日中憂鬱だなぁと思うことが沢山ありました。前髪がやっぱり印象が1番強いし、1番気になるんです。
専門学校時代も、前髪をずっと気にしながらの生活でした。

社会人になり、自分のお給料で遠慮なく美容院に行けるようになったので、電車に乗って少し評判の良い美容室まで足を運びました。でも私がまだ20代の頃のちょっと良い美容室のストレートパーマって、4万円とかするんです。ストレートってお金がかかるんです。生まれつきのストレートの人ってお金かからなくていいなぁって思ってました。この頃には、もしかしたらパーマかけたら起きてムースつけたらすぐに出掛けたりできるんじゃないかとか考えたりして、パーマかけたり落としたり。でも結局はパーマかけても元がストレートじゃないんでひろがるんです。パーマパーマで大変でした。

そして今、40代になりまだ憧れのストレートを夢見てます。お風呂あがりのドライヤーをかける前の椿オイルは欠かせないです。そして旅行先のドライヤーは風が弱すぎて乾く間に広がるので、荷物が多くなってもマイドライヤーは持って行きます。でも、若い頃と違ってきたのは、すこし毛先がうねっていてもはねていても、それはそれで味があっていいかなと思えるようになった事です。

でも、新たに白髪との戦いが始まりました。今は、出掛ける前に見つけたテンション下がる白髪を隠してくれる白髪隠しが手放せません。