若いのに抜け毛が非常に多くて怖くなった

2016-08-06_154021

私の髪の悩みは、特に抜け毛が多いことです。ちょっと髪をいじっただけでもボロボロ抜けますし、シャンプーやコンディショナーをしているとゴッソリ束で抜けることがあります。頭皮の優しいマッサージは毎日行っているし、バージンヘアなので化学的なダメージは受けていない筈です。それにも関わらず怖いくらい毛が抜けるのが嫌で堪りません。

3日おきくらいに排水口の掃除をするのですが、蓋を開けると抜け毛が毛糸玉のようにぐるぐると束になってそこにあるのです。しっかり定期的に掃除している筈なのに、これだけ抜けるのはおかしいと思いました。髪が長いせいで抜け毛が多く見えるのかと考えたこともありました。しかし一度厳密に抜け毛の本数を数えてみたところ、数十本は一度の洗髪で抜けていました。また、毎日のスタイリングでもセットが終わる頃には洗面所の床に毛が沢山落ちている状態です。

自分は毛が多いほうだとずっと思っていましたが、20代になってから10代の時より減ったかなと感じるようになることがありました。20代でこれだけ抜けるなら、もっと歳を取ったらどうなるのでしょうか。白髪か薄毛どちらがマシかと言われたら、白髪の方がまだいいでしょう。今は抜けた分だけ生え変わっていると思うようにしていますが、毛が抜けるのを見るたびに心が傷んできます。

頭皮の血行にも気をつけているし、シャンプーもサロン用のものを使っています。抜け毛の原因がわからない以上、これ以上対策の取りようがありません。なので抜け毛があっても指をくわえて見ていることしかできないのが現状です。

自分に似合うヘアスタイルはスタイリストさん次第

私は昔からロングヘアに憧れて、何度も髪を伸ばして綺麗なロングにしようとしていました。しかしいくら髪の毛を伸ばしても、鏡の前に映るロングヘアの自分の姿はなぜかしっくりきません。

女優やアイドル、可愛いなと思う友達のサラサラロングヘアや、ロングの巻髪がとても綺麗に映り、まぶしかったです。縮毛矯正をあてたり、カラーをしたり、エクステをつけたりと、いろいろ試行錯誤しましたが、やはり自分にはロングヘアが似合わないようです。

なぜかというと、私は低身長(150センチ)で、さらに頭が大き目なので(恥ずかしい)おそらくバランスが合わないのかと思います。なので、オシャレをするときはあまり髪の毛をおろすことがなく、いつもお団子やポニーテールなどでした。おろした髪型に自信が持てなかったからです。

そんなとき、いつも通っていた美容室のスタイリストさんが退職することになり、この機会に新しい美容院にいくことにしました。ホットペッパーの新規の割引クーポンでたまたま見つけたお店。そこで初めて私の担当してくれたのは、男性のスタイリストさんでした。

2016-07-17_094905

正直、今まで女性の方にしか切ってもらったことがないので、少し嫌でしたが、話してみるとすごくフレンドリーな方でした。初対面とは思えない親しみやすさで、なんでも言いやすかったです。

話の流れで、ロングヘアが自分には似合わない悩みを相談しました。するとその美容師さんは、わたしに似合いそうなヘアスタイルをアドバイスしてくれたのです。

「背が低い子は肩までくらいのミディアムボブにすると、背の低さも目立たなくなるし、可愛いよ。」と。

私は言われるがままに、なんとなくそのスタイルで流れでお願いすることにしてみました。すると、仕上がりは最高!!本当にかわいいし、体とのバランスがいいというか、もうこのまま髪おろして遊びに行きたいくらいでした。

以来私は数年このミディアムボブのスタイルを貫いてます。自分が好きなヘアスタイルより、自分に似合うスタイリストさんを見つけるのは大切なことなんだなと痛感しました(笑)

憧れのストレートヘアを夢見て

2016-07-12_120455

小さい時、私の髪型はクルクルの天然パーマでした。幼い時は、きっとそれも可愛く見えるんでしょう。私自身も、悩みだしたのは小学校高学年になった頃からだと思います。だから、小学校の時の写真はいつも、くせっ毛のショート。男の子みたいでした。それでもまだ小学生なんとか我慢できたのでしょうね。写真の私は笑顔です。

中学生になったのを気に、憧れのストレートパーマをかけました。でも、今のストレートパーマと違って、直毛!かへたな美容院ではかかっているのかわからないような感じ。でもその微妙な変化も中学生の私にとっては嬉しい変化でした。でも、ヤッパリ伸ばしてみたものの時間がたてば広がるうねるで、中学生の私の写真はいつもポニーテールです。
高校に入ってからは、少し値段の高い美容院に行けるようになり、おろすコトも多くなりましたが、前髪をどんなにちゃんとセットしていっても駅に着いた時には前髪がうねってしまっていて、電車の中で今日一日中憂鬱だなぁと思うことが沢山ありました。前髪がやっぱり印象が1番強いし、1番気になるんです。
専門学校時代も、前髪をずっと気にしながらの生活でした。

社会人になり、自分のお給料で遠慮なく美容院に行けるようになったので、電車に乗って少し評判の良い美容室まで足を運びました。でも私がまだ20代の頃のちょっと良い美容室のストレートパーマって、4万円とかするんです。ストレートってお金がかかるんです。生まれつきのストレートの人ってお金かからなくていいなぁって思ってました。この頃には、もしかしたらパーマかけたら起きてムースつけたらすぐに出掛けたりできるんじゃないかとか考えたりして、パーマかけたり落としたり。でも結局はパーマかけても元がストレートじゃないんでひろがるんです。パーマパーマで大変でした。

そして今、40代になりまだ憧れのストレートを夢見てます。お風呂あがりのドライヤーをかける前の椿オイルは欠かせないです。そして旅行先のドライヤーは風が弱すぎて乾く間に広がるので、荷物が多くなってもマイドライヤーは持って行きます。でも、若い頃と違ってきたのは、すこし毛先がうねっていてもはねていても、それはそれで味があっていいかなと思えるようになった事です。

でも、新たに白髪との戦いが始まりました。今は、出掛ける前に見つけたテンション下がる白髪を隠してくれる白髪隠しが手放せません。